ビジネスローンの種類、手形割引の見積もり

会社経営には多額の資金が必要です。会社の運転資金や商品の仕入れ、従業員への賃金の支払いなど、どれも十分な資金が無いと出来ません。会社経営をしていると取引先の後払いによって資金が入ってこなかったり、支払いが重なって一時的に資金不足に陥ることがあります。資金不足の状態では支払いの延滞や給与未払いといった会社の信用に関わる問題を引き起こしかねません。早急に資金調達の手配を行い、事態の解決に力を入れなければなりません。会社経営における資金調達はビジネスローンを利用するのが良いでしょう。ビジネスローンは金融機関や専門業者が提供しているサービスで、手数料や利息は掛かりますが比較的簡単にお金を借りることができます。これでお金を借り入れれば、一時的に資金難を解消することができます。

債権を担保にしてお金を借りる場合

金融機関が提供しているサービスの一種に、債権を担保としてお金を借りられるサービスがあります。債権はお金を取り立てる権利のことを言い、会社経営では取引先の後払いによって受取手形や売掛金として処理される勘定科目のことを指します。受取手形を担保にする場合は手形割引と呼ばれるサービスを利用します。手形割引は手形の額面金額から手数料や利息を差し引いた金額を借りることができます。受取手形は普通、指定の期日になれば額面金額の満額を取引先に請求できます。しかし、指定の期日まで待てないという場面では、手形割引を利用することも選択肢に入ります。手数料や利息は手形の期日や振出人、自社の経営状況などによって変動します。受取手形の見積もりを依頼することが出来るので、資金調達を考えている時は相談してみると良いでしょう。

無担保無保証人でお金を借りる場合

銀行や消費者金融では無担保無保証人で多額の借り入れが可能です。金融機関ではビジネスローンという呼び名で提供されていることが多いです。500万円以上の借り入れでも、最短1~3日程度で借り入れることができるのが魅力です。多額の借り入れが簡単に出来る代わりに、借り入れ時の金利は高く設定されています。金利は高ければ高いほど利息が増え、長期間の借り入れをすると利息の支払いが負担になります。例えば、毎月1万円以上の利息が発生する場合、1年で12万円以上の負担になります。つまり、お金を借りる時は短期間での運用を念頭に置いて、早めに返済するのが賢いと考えられます。借りられる金額は自社の信用度によって変動するので、利用する前に各金融期間に見積もりを依頼すると良いでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加