ビジネスローンと手形割引を利用する流れ

様々な要因が重なって、一時的に事業資金が不足してしまうことがあります。事業資金の不足は事業継続が難しくなり、勤めている従業員に不信感を与えてしまいます。また、事業資金が不足して税金などの支払いを延滞すると、会社の信用に傷が付くことになります。事業資金が不足する事態は早急に資金調達を行い、事態の解決に尽力するのが好ましいです。資金調達は金融機関を利用してお金を借りるか、債権を担保にしてお金を借りるか、この二択が最も一般的な方法です。どちらもお金を借りるサービスなので、手数料や利息といった支払いが発生します。借りたお金は返済することになるので、ある程度返済能力が高くないと利用できません。一時的にお金が必要という場面を除き、通常は利用しない方が懸命です。

金融機関でお金を借りる流れを知ろう

資金調達で金融機関を利用する場合、銀行系か消費者金融系のどちらかを選ぶことになります。金融機関によって事業者向けのビジネスローンというサービスを扱っています。ビジネスローンは総量規制対象外で、資金を素早く借り入れることができます。その代わり、金利が高いので利息の負担が重くなるというデメリットがあります。その為、長期間の借り入れは避けて、短期間の借り入れで利息の負担を軽減すると良いでしょう。ビジネスローンはとにかくすぐに資金が必要という場面で活躍するサービスです。審査の申し込みから借り入れまでに要する時間は最短1~3日程度で、担保も保証人も必要ありません。インターネットで簡単に申し込みすることができるのも大きな魅力です。

担保を用意してお金を借りる方法

資金調達で金融機関を利用出来ない場合には、債権を担保にしてお金を借りるという選択肢があります。債権は受取手形や売掛金などの指定期日にお金の支払いを請求できる権利の事を指します。債権はお金と同等の価値が認められているので、担保としての価値もあります。受取手形を担保にする場合、銀行や専門業者の手形割引というサービスでお金を借りられます。手形割引で借りられる金額は手形の額面金額から手数料を差し引いた金額になります。手数料は手形の支払い期日までの日数や手形の振出人、会社の信用度によって変動します。受取手形は通常、指定の期日になれば額面金額の満額を請求できます。手形割引を利用すると手数料を取られるので若干損してしまいます。金融機関の利息と比べた場合、手数料の方が少しだけ安く、審査も通りやすいです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加