資金調達、ビジネスローンと手形割引

会社経営をしていると、一時的に複数の支払いが重なって経営難に陥ることがあります。経営難の状態では従業員に不安を与えてしまい、給与の支払いも満足に出来なくなってしまいます。こうした状況では可能な限り迅速に資金調達を行い、状況の改善に力を入れることが求められます。一般的な資金調達の方法は大きく分けて2種類あります。金融機関や専門業者が提供する貸し出しサービスと債権を担保にしてお金を借りるサービスです。融資と担保による違いは、サービス利用時の審査基準や借り入れ限度額などが異なります。また、どちらも利息や手数料が発生するので若干損することになります。この2つはネット上からでも手続きが出来るので利用しやすいという特徴があります。何よりもお金の問題を手っ取り早く解決できるというのが最大の魅力だと言えます。

金融機関や専門業者の融資を受ける

銀行や消費者金融は一定の審査基準を満たしていればお金を融資してくれます。金融機関では経営者向けにビジネスローンというサービスを提供していることがあります。ビジネスローンは他の融資サービスよりも金利が低いといった特徴があります。金利は金融機関に支払う利息に影響する値で、高ければ高いほど負担が重く、低いほど負担は軽くなります。金融機関を利用する時は審査に申し込み、審査に通ることで融資を受けられます。審査の基準は銀行、消費者金融、他業者などによって異なり、最も審査が厳しいのが銀行です。銀行の審査は厳しく、審査に時間を要するのですが、他のどのサービスよりも低金利で融資を受けられます。逆に銀行以外だと比較的手軽に早く融資を受けられますが、金利が高いという特徴があります。会社の置かれている状況と目的に合わせて選ぶのが良いでしょう。

債権を担保にして資金調達をする方法

融資以外の方法だと、自社が所持している債権を担保にしてお金を借りることができます。会社で言う債権は約束手形や売掛金などを指します。債権は指定の期日に支払いを請求できる権利なのですが、期日まで待たないとお金になりません。しかし、債権にはお金と同等の価値が認められており、この債権を担保にしてお金を借りられます。約束手形を担保にする場合だと、銀行や専門業者で手形割引というサービスを利用できます。手形割引は手形の額面金額から手数料を差し引いた金額を受け取れるというものです。手数料は約束手形の支払い期日までの日数や手形の振出人などによって変動します。債権を担保として用意することで、銀行や専門業者から信用されやすくなります。そのこともあって、審査は比較的簡単で資金調達を迅速に行えます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加