手形割引のローン審査について覚えておきたいこと

手形は記載された期日になると額面通りのお金を受け取ることができます。しかし、何らかの事情があって期日までに現金が必要になることもあります。そんな時に役立つのが手形割引です。この仕組みでは期日になっていない状態の手形を金融機関などに買い取ってもらうことができます。本来よりも早めに現金を受け取ることができるということです。しかし、良いことばかりではなく、手数料や利息を支払う必要があるので受け取れる額は額面よりも少なくなります。これが割引と呼ばれる所以です。形式上は手形を担保にして現金を貸すということになります。そのため、これはローンの1つです。つまり、普通にお金を借りる時と同じく審査が行われます。どんな手形でも買い取ってもらえるわけではないということです。

チェックしておきたいポイントとは

手形割引においては依頼者だけでなく、その手形を発行した人物もポイントになります。手形を買い取る側としては不渡り手形になってしまうリスクを出来るだけ回避しようとします。もし、手形を発行した人物に支払い能力がないとみなした場合は審査をクリアできません。これはいかに借り手の信用情報が優秀であってもそうなります。ここが一般的なローンと大きく異なる部分です。もちろん、借り手のこれまでの借入額などもチェックされます。買い取ってくれるのは金融機関だけでなく、専門の業者も含まれます。審査の難易度については事前に調べておくことをおすすめします。もし、不渡り手形となった場合には依頼者が返済の義務を負うことになります。そのため、不動産を担保するケースが多くなっています。

利用する際に注意しておくことについて

手形割引は使いようによっては便利な仕組みですが、注意しておきたい点もあります、それは手形を引き受け可能な上限が定められているということです。手形の数だけ利用できるというわけではなく、上限に達して以降は利用できなくなります。もちろん、以前依頼した手形が決済されることで、再び利用できるようになりますが、一時的に利用できなくなることもあります。一般的なローンにも上限が存在するので感覚的には近いかもしれません。手形が不渡り手形となってしまった場合は額面通りの金額を支払わなければなりません。もし、この方法を用いなくても不渡りになった損失は被ることになりますが、手数料や利息の関係上損失は大きくなります。便利な点もいくつかあるものの、相応のリスクを持っていることに注意しておきましょう。

東京南青山にてビジネスローンを50年以上の実績。 ビジネスローンを希望される企業経営者様が多くいらっしゃいます。資金調達に関するアドバイスもさせていただきます。 審査NGでもOK、赤字でもOK、即診断で資金調達です。 診療報酬債権担保ローン貸付利率:9.0~18.0%です。 無担保ビジネスローンのご相談なら湊屋商事です。 手形割引ローンのお申込みは湊屋商事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加